STUDIO COREのヨガ

ヨガの特徴


YOGAという言葉は、インドのサンスクリット語(古語)
『ユジュ』を語源とし、その意味は【繋がる】です。



すなわちヨガとは、肉体と大地の繋がりを感じ、大気と精神の繋がりを感じるアーサナ(ポーズ)。
呼吸法により呼吸と身体・身体と心を、そして人と人との心の繋がりを広げるという行為をいうのです。


COREの目指すヨガは心も身体も健康になること


ヨガはポーズの出来を競うものではありません


     

人と比べることなく自身の身体や心と向き合い、
どうすれば今より心地の良い状態に自分自身を導くことができるのか?


参加いただく方のレベル・要素に合わせたクラス編成


当ヨガスタジオでは、それに気付くことのできる時間を過ごしていただけるようにクラスを構成しています。
そのためポーズには解剖学的知識はもちろん、
時に東洋医学やインドの伝統医学アーユルヴェーダの目線からのアプローチをおこなうことも。


身体の柔軟性だけを追求するヨガは行わない


ヨガといえば、柔軟性のみに注目があつまりがちですが、筋力もまた必要な要素です。


     

女性に多い「冷えやむくみ」などの不定愁訴は、その大半が下半身の筋力不足によるもの。
私たちは大地に足をつけて生活をしています。
足は身体を支える重要なパーツでもあります。
年齢に関わらず、自分の足で歩き続けていくためにも、ヨガで下半身を安定させましょう。


ヨガはポーズだけでなく呼吸・瞑想など色々な要素で身体を整える


またCOREで行うヨガは、単にポーズをとるだけのものではありません。
呼吸法や瞑想(マインドフルネスetc…)、ナダヨガとよばれるサウンドヒーリングやボイスセラピーの要素を含むヨガなど、
さまざまな角度から自身を整えていきます。
     


時に心の柔軟性は身体の柔軟性と繋がるともいわれます


どれだけストレッチをしても身体が柔らかくならなかった方が、
心をゆるめることで柔軟性を得ることも

身体と心は繋がっています

肉体だけではなく精神だけでもなく、心身をともに整えるためにヨガがあります。
皆さまの毎日がより健やかであるように、COREでは色々なアプローチ方法をご用意しています。

 

少しの挑戦は自らの成長に繋がります


時には限界にチャレンジしてみると、できなかったことがいつの間にかできるようになっていることに気付くかもしれません。
しかし無理な行為は、ケガに繋がることもあります。
難解なポーズを次から次へとチャレンジするよりも、
単純なポーズを繰り返しおこなうことで自分の中の変化に気付きやすいかもしれません。


ヨガは動ける人のためのものではなく、性別も年齢も関係なくどなたでも恩恵が受けられるもの。
体力や柔軟性も、何によって癒されるのかも人それぞれです。
ぜひご自分に合ったヨガを見つけてみてください。